中古か新築か

中古一戸建て住宅のメリット

住宅を購入する際には様々な商品の中から、希望の物件を探すことになると思います。まず考えるのは、新築一戸建てにするのか中古一戸建てにするのかと言うことを考えると物件を絞りやすくなります。中古一戸建てのメリットは何と言っても、販売価格にあります。新築住宅に対して遥かに安い値段で手に入れることができるので金銭的に大きな負担を強いられることはありません。限られた収入の中でお金の活用法を考えることができるので、子供の成長に合わせて必要になる出費にたいしても安心することができるようになります。中古一戸建てはすでに建物が存在しているので、目で見て確認をし、周辺の環境も考慮に入れて選ぶことができるのも大きな魅力です。

築年数によって、異なる条件

中古一戸建てと言っても、築年数や建築工法によって様々な種類があります。中古一戸建ての中には築年数が比較的新しい物件も含まれているので、使用年数が少ない物件も選ぶことができます。キッチンなどの水回りも損傷の程度が少ない場合も多いので、大掛かりなリフォームを行う必要はありません。費用は少し高額になる傾向がありますが、それでも新築物件と比較しても大幅に安いと言えます。築年数が古い場合には、地震に対する備えがされていない住宅も含まれているので耐震構造を専門家に判断してもらう必要があります。本体価格をかなり安く抑えることができるはずなので、リフォームと耐震構造の追加費用が発生したとしても、大きな負担にならないかもしれません。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 一生で一番大きな買い物を成功させる【住宅購入マニュアル】 All Rights Reserved.