こだわるポイント

建物内部だけでなく外部の配慮も必要

注文住宅を建築する際に住宅に関して工夫したりたくさん勉強する人はたくさんいます。しかし外部や外構工事まで頭が回っていない人も少なくないのです。そこで生活する人は建物の外を見る機会よりも内部で生活する時間のほうが長いので内部をこだわって注文住宅を建築します。しかし近隣の人やお客様からすると外部の印象がその家の印象といっても過言ではないのです。更に防犯面など外部でもより検討が必要な項目もたくさんあります。勝手口や庭などにセンサーライトをつける、芝生ではなく音のする砂利などを敷くなど防犯に配慮したうえで機能面も含めて建物と一体で考えることでより快適で安全な空間にすることができるのです。このように注文住宅を検討する際には建物本体だけでなく周囲の環境への配慮も必要になるのです。

何を求めて注文住宅を選択したのか

注文住宅を建築する際には優先順位を考えた上で設計する必要があります。どのような目的でこの注文住宅を購入するかということです。たとえば子供のことを考えたうえで実現させたいという意見で多いのがリビング階段です。玄関からすぐに階の子供部屋に行く階段を設けた場合親と顔を合わせることなく自分の部屋に行くことも出来るからです。親が普段生活しているリビングなどの空間を通って二階に上がることで少なくても二階に上がるために顔を見せることを目的にしています。しかしリビング階段を設置するとエアコンの熱や冷気が逃げてしまうという欠点があります。その欠点を解決させる方法がリビングと階段の間に一枚引き戸を設置することです。この扉を設置することでエアコンの効きを浴することができるのです。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 一生で一番大きな買い物を成功させる【住宅購入マニュアル】 All Rights Reserved.